紫外線と老化の関係とは|春日部の美容室なら、春日部駅から徒歩8分のアンティベーシック

Anti basic

  • 0120204812

    0487524812

    Open 10:00~20:00 定休日 火曜日

  • WEBで予約
  • ホットペッパービューティー

Blog

紫外線と老化の関係とは

松本 里子

お天気が良いと外出するのも楽ですよね。

でも少し気を付けていただほうが良いのは紫外線です。

4月から9月までが紫外線(UVA・UVB)共に強い期間です。特に6・7月は冬の4倍もあります。

UVBってなぁに?

皮膚や目に有害な影響を与える波長です

大部分が吸収散乱され真皮までは到達しませんが、皮膚がヒリヒリして赤くなる炎症を引き起こします。

UVAってなぁに?

UVBほど有害でないが、皮膚透過性が高く皮膚内部(真皮)への到達が多いので、しみ・たるみの原因になります。

紫外線をあびてダメージを受けると、皮膚を早く修復しようとしてターンオーバー(皮膚の代謝)のスピードを速めます。その結果未熟で不完全な細胞を生み出してしまいます。

そしてバリア機能や保湿機能までも低下して行きます。

皆さんがよくご存知のメラニン色素の過剰生成を引き起こし、代謝が滞り黒いままのこります。

外出の際には、日傘、日焼け止めのご利用がおすすめです。
髪への紫外線が気になる方には、UVBをカットする商品もありますのでご相談ください。

ページトップへ戻る